スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゲロモンよ、私は帰ってきたーっ!
2007-03-22 Thu 22:36
BCBA-2357.jpg
アニメ版ケロロ軍曹2ndシーズン第13巻、観ました。
マンガ版でいうところの特別編集版『ケロロ軍曹/黒』の話ですか。

感想を一言で言うと「大塚明夫、カッコよすぎ!」の巻ですね。
以下、収録話ごとの感想。。。ネタバレ注意です。


100話『ケロロ え?我が輩…誰?みんな…誰? であります』

凄すぎです。
テーマは「へほほうんそう」です。

ギロロFANにはタマラナイ話です。
今回、ギロロは鎖で身体を縛られて水底に投げ込まれている状態からスタートします。しかもキャプションは『死刑』!Σ( ̄□ ̄;
その後、紆余曲折あり(^^;、アイドルグループのボーカル(しかもムード歌謡)、戦隊モノのリーダー(必殺技は大鑑巨砲主義)、笑点メンバー(噛ませ屋犬へい)、サザエさんと、いつものハードボイルド路線から考えられないようなボケ展開で話が進んでいきます。
まあ、いつも通りの、か。

それもこれも、ケロロ小隊&日向姉弟が揃いも揃って記憶喪失になってしまったことに端を発するのですが。
記憶喪失と秘密基地爆破のカウントダウンとの、ゆるゆるの死闘を繰り広げるというお話ですね。

記憶喪失戦隊『オモイダセンジャー』、アワビさんは秀逸だと思いました。


101話『ケロロ小隊 ペコポンが静止する日!? であります』
102話『ケロロ小隊 ペコポン!!滅び行くか愛の星よ!! であります』
103話『ケロロ小隊 まごころを君に であります>


アニメ&原作通しての、初の長編になる話です。
劇場版第一作よりも長く、面白い話かもしれません。
むしろ、この話で劇場版が作れそうな気もしますが。。。

前回とうって変わって、シリアス展開です。
ギロロ伍長の兄ガルル中尉率いるガルル小隊、初登場です。
ga-b4.gif


誰が声を当てるんだろうと思っていたら、なんとガルルは大塚明夫です。
何気に、気持ちよさ気に怪演してるじゃないですか。
しかも、ゾルル兵長は矢尾一樹。
アナベル・ガトーとジュドー・アーシタですよ。
今日の日記のタイトルは、そのガトーガルルの雄叫びシーンから。
ガルルのセルフの端々から、ガトー少佐の片鱗が。。。
あだ名も『ゲロモンの悪夢』だし(°▽°;)
恐るべし、サンライズ。

ケロロ小隊とガルル小隊のガチ勝負は見ものです。
秀逸なのは、103話でギロロのミサイルをガルルがシールドで防ぐシーン。
作画とか、あんまりよくわからないんですが、この手の小さなお友達向けのアニメの中ではレベル高いかも。

ケロロ軍曹は基本的に原作の方が面白いのですが、今回は原作よりもアニメ版の方が面白いと思います。


。。。あんまり、よくわからない感想ですね(^ ^;Δ フキフキ
スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<お知らせ | ゚・*:.。. .。.:*・゜大A図書館通信゚・*:.。. .。.:*・゜ | 1/16化計画!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ゚・*:.。. .。.:*・゜大A図書館通信゚・*:.。. .。.:*・゜ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。